Skip to content

資産形成においては、大きく資産が作れる方法がよいとされています。それは、今後、日本では、公的年金に期待することができなくなっているため、ゆとりある生活ができるように、資金づくりが必要となっているからなのです。

しかし、今の日本で資産づくりを行なっても、低金利と景気が悪いことから、満足できるような資産を作ることはできないとされています。高い利益を得るには、日本でなく、海外において資産づくりを行なうほうがよいとされています。

海外では、好景気の地域や国が多くありますので、海外の優良なファンドを活用して利益を生み出すといった方法による資産づくりがよいといわれるようになり、海外投資でも海外積立投資といった方法がよいとされています。

この方法では、毎月一定金額を無理なく、積み立てることで投資を行なうため、比較的に安定して資産づくりができることが人気となっています。海外積立投資では、いわゆるお金に働いてもらうといった方法で、資産形成を行なうので、負担やリスクが少なく、一般の人による投資として最適とされています。

この方法であるなら、日本では得られない高い利息による利益が得られるとされ、満足する資産形成ができることが人気となっています。

あなたにぴったりの投資専門ブログが公開中!
目標額を設定して計画的な資産形成を行いましょう。

投資の業者のことをファンドというのですが、最近海外ファンドを選ぶ日本人の個人投資家が増えてきているという話です。個人投資は軍資金の関係で、企業に勤めているプロの投資家と勝負するにはあまりにも自力が違いすぎます。そのために少しでも好条件の業者を見つけて利益を出しやすい環境を整える必要があるのですが、それを考えますと海外ファンドは好条件が整っている業者が多いと思われているという事を表しているといえるでしょう。

海外ファンドの中で、いま最も知られているのがオフショアファンドというファンドです。オフショアファンドの特徴としまして、投資信託の利回りが良いと宣伝されています。オフショアファンドの利回りの秘密なのですが、それは活動地域に秘密があります。オフショアファンドの設立している地域は、投資に対する規制が非常に緩い国なのです。支払う税金が少なくて済む分、投資信託の契約者に支払う配当金を大目に支払う事が可能になるのです。

オフショアファンドの利回りは、年利10%以上も珍しくありません。日本の銀行の年利が0.025%だという事を考えますと、オフショアファンドがどれだけ投資環境が良いか理解できると思います。投資条件は業者によって変ってくるという事の良く分かる一例ですね。