Skip to content

日本では、いま少子高齢化が進むようになったことから、将来において受け取ることができる年金が少なくなってしまうようになるといわれています。これは、年金を支払う人が減り、年金を受け取る人が多くなることが原因とされています。

実際に年金が支給されている65歳以上の人は、人口の4分の1を超えたといわれています。さらに、年金を支払う人や働き手である生産人口は8,000万人となっているため、年金を支払う人の負担が大きくなり、年金を受け取る人の年金額が減るようになるといわれています。

このような状態では老後の生活において安心できないため、現役時代では十分な資金づくりを行なう必要があるのです。

しかし、景気がよくない日本では、資金づくりは簡単ではありません。そのことから、最近は、効率よく資金が稼げる投資への関心が高まるようになっています。投資では、毎月コツコツと投資を行なうことによって資金づくりができる積立投資への関心が高まるようになっています。

積立投資は、無理なく、安定した資産形成ができるため、現役時代の資金づくりを助け、老後においてゆとりがもてるようになるといわれています。今後、積立投資は、効率のよい投資方法として活用が期待されるようになっています。

確定拠出年金を導入する企業に転職・就職する方も多いと思いますが、この制度自体が新しい制度ですので、あまり馴染みのない方も多いと思います。確定拠出年金はどのような制度なのでしょうか?

これは国が運営する公的年金とは別で,各企業が実施している退職給付制度のひとつです。

会社の退職金を退職時に支払うのではなく、毎月会社が個人の専用の口座へ入金するので、退職するまでそのお金を元に運用して下さい、というものです。これまで資産運用をしたことのない方にとっては戸惑いもあるかもしれませんが、安心すべきポイントとしては会社の都合で後から退職金が減額されない、ということです。

確定拠出年金を導入している以上、3年以上勤務することで、自己都合で退職しようが1円も減らせれません。また、会社の業績が悪化しても、個人の口座から引き出されることもありません。会社が倒産しても全額保護されるので、一度入金のあったお金に関しては自分の年金資金と考えて良いでしょう。

捉え方によっては元々企業がリスクを負っていたものを個人に押し付けられたという見方をする方もいますが、どちらかというよりは自分の年金の権利が明確になったと捉えた方が良いでしょう。

老後の生活資金はたくさん必要になるといわれています。老後においては、この資金を確保する必要があるのですが、今後、公的年金は少子高齢化の影響を受けるようになるため、年金支給額が減ってしまうようになるそうです。

このように公的年金は、確実に受け取れる金額が少なくなるようになるため、自分で年金づくりを行なわなければならないのです。つまり、じぶん年金づくりには、さまざまな方法がありますが、今までは、銀行預金によって資金形成を行なうといった方法が行われています。しかし、預金で利益を求める方法は、右肩上がり時代の景気がよかったころの話のことで、バブルが崩壊してからは、低金利で利息がなかなかつかなくなっています。

そのことから、今後は、もっと安定しながら、高い利回りが得られる方法が求められるようになっているといっていでしょう。

いま資金づくりとして、積立で行なう投資に人気が高まるようになっています。積立投資であるなら、投資でもコツコツと投資が行えるため、負担が少なく大きな資金がつくれるようになるといわれています。そのことから、公的年金不安を補ってくれるじぶん年金づくりとして、これから期待されるようになっています。

じぶん年金の一歩進んだ知識を得たい方は以下もご覧ください。
ターゲットイヤー型ファンドについてはこちらへ

投資のために必要なことは何だと思いますか?という質問だと少々抽象的ですが、「この能力があれば投資が成功する」というのは何だと思いますか?と聞けばかなり違ってくるでしょうか。

投資が絶対成功する能力といえば、やはり未来がわかることでしょう。例えば、映画バック・トゥ・ザ・フューチャー2で主人公がレースの結果を記した雑誌を過去に持って行っていましたが、あのようなことが出来れば投資は絶対に成功します。先が見えていれば失敗することはありません。

しかし、実際問題そのような未来がわかる能力というものは存在していません。では、その状況で投資をより高確率で成功させるにはどうすれば良いでしょうか?重要なのは、過度なリスクを取らないことでしょう。

過度なリスクを取る投資というの、アクティブ投資と呼ばれる、本来出来ないはずの未来予測でもって投資を行っていく方法です。対して、現在既に起こっている市場動向にしたがって投資を行う、過度なリスクを取らない投資というのがインデックス投資ということになります。

インデックス投資は1回で大きなリターンを得ることはありません。しかし、逆に大きなリスクを背負うこともないため、長期的に見ると得となる場合が多いのです。

ヘッジファンドは時に特殊な投資方法を用いることにより、より高い投資効果を実現しています。多くのヘッジファンドによって行なわれている投資方法としては、ロングショートと呼ばれるものがあります。これは非常に単純なもので、上がりそうな証券をロング取引し、下がりそうな証券をショート取引するというものです。ロングというのは買い注文のことで、ショートというのは売り注文のことです。それぞれ上がった場合と下がった場合に利益が出るようになっています。

この方法はそれほど特殊な取引方法ではないのですが、ヘッジファンドによってはこれとはまた違った取引方法として、アービトラージというものを行っている物があります。裁定取引と呼ばれることもありますが、アービトラージというのはどのようなものでしょうか?

アービトラージを利用するためには、投資対象が少なくとも2つ以上の市場に上場されていなければなりません。2つの市場に上場している証券というのは、それぞれが違った値を付けます。しかし、多くの場合は連動しているため、それほど大きな違いはありません。

ただ、これが時々突然大きくズレることがあります。その瞬間を狙って、高くなった方の市場にショートを掛け、安い方の市場にロングをかけるのがアービトラージです。

合わせて読みたいコンテンツをご紹介します。
日本におけるヘッジファンドの現状はこちらでCheck!
日本のヘッジファンド業界がまる分かりです。

じぶん年金というものがかなり広がってきています。公的年金への不信や、あるいは老後の生活を豊かにしたいという願いからこうしたものを利用しようと考える人が増えているのではないでしょうか。じぶん年金は名前こそ年金となっていますが、その本質は投資による資産運用ということになります。そこでここでは、年金として利用するための投資について考えていきたいと思います。

一般的な投資ではなく、老後資金の確保というものを目指した投資について考えるのであれば、考えかたを普通の投資と少し変える必要があるでしょう。最低限、これだけのお金はなければ困る、という部分と、さらにこれぐらいのお金があると助かる、という部分に分けて考えるということです。前者である必要最低限のお金はコア運用と呼ばれる資産運用を行っていきましょう。
これは、低リスクながらも着実に資産を形成できる方法のことを言います。まずはこれを考えることで、老後の生活に迷わないようにする必要があります。

そして余剰な資金については、サテライト運用と呼ばれる比較的リスクのある運用を行っていくようにしましょう。成功した際にはより豊かな老後生活というものを送れる資金源となります。

投資のセオリーとも言える長期投資をするのであれば、毎月積立てるようにコツコツと買い続けるという方法があります。長い時間をかけて投資することはリスクを分散することにもなります。このリスク分散とは、株価が高かろうが安かろうが買い続けるので、結果的に買い付けコストが平均化されるというドルコスト平均法による安定した運用が実現できます。

積立投資のメリットとはこのドルコスト平均法が使えるということです。毎月積立てて投資をすると、買うタイミングによって株価は変動するものです。少なくとも2回以上分割することで、平均の株価で買い付けができるということになります。

もしも期間が5年、10年と長期投資になればなるほど、その分の平均値となるので、買付単価はより平均化されます。ゆるやかに上昇傾向にあれば、買う年数が経つに連れて買付単価は上がり、反対に下降傾向にあれば買う年数が経つに連れて買付単価は下がります。

下降傾向にあると買い続けることが苦痛になってくると思います。いつまで買い続ければいいのだろうと途中でやめたくなることもありますが、トレンドは変動するものですので、少しでも上がる見込みがあれば継続して買うべきです。

長期投資の基礎はこちらでマスター!
投資初心者に最適なメディアです。

一括で投資を行う方法に対して積立投資という方法があります。積立投資は他の投資方法に比べてリスクをコントロールしやすいため、知識がない個人でも行い易い方法です。そこでここでは、積立投資におけるリスクコントロールの方法について簡単に説明していきます。

積立投資の基本は複数箇所に投資を分散するという方法です。一箇所に対して投資を集中させると何かしらの問題が起こった際に一つの投資先から受けるダメージが大きくなります。そのため、数カ所に投資先を分散することにより、一つ一つから受けるダメージを分散することが重要になります。

この場合、投資先について、業種や国籍なども分散するのが良いでしょう。企業自体に対するダメージだけではなく、その他の理由によるダメージも受けにくいようにできます。

積立投資は一括で大きな投資を行わないものの、蓄積して投資される金額は大きくなるため、その分一つ一つのリスクを減らすことが重要です。特に最終的な目標を老後資金の獲得と考えている場合は、最低限の資金を用意しつつ投資効果を出すことを考えなければなりません。効果とリスクのバランスを考えた資産分配を行うようにしましょう。一つ一つの損害を少なくすることで効果を確保できます。

資産形成においては、大きく資産が作れる方法がよいとされています。それは、今後、日本では、公的年金に期待することができなくなっているため、ゆとりある生活ができるように、資金づくりが必要となっているからなのです。

しかし、今の日本で資産づくりを行なっても、低金利と景気が悪いことから、満足できるような資産を作ることはできないとされています。高い利益を得るには、日本でなく、海外において資産づくりを行なうほうがよいとされています。

海外では、好景気の地域や国が多くありますので、海外の優良なファンドを活用して利益を生み出すといった方法による資産づくりがよいといわれるようになり、海外投資でも海外積立投資といった方法がよいとされています。

この方法では、毎月一定金額を無理なく、積み立てることで投資を行なうため、比較的に安定して資産づくりができることが人気となっています。海外積立投資では、いわゆるお金に働いてもらうといった方法で、資産形成を行なうので、負担やリスクが少なく、一般の人による投資として最適とされています。

この方法であるなら、日本では得られない高い利息による利益が得られるとされ、満足する資産形成ができることが人気となっています。

あなたにぴったりの投資専門ブログが公開中!
目標額を設定して計画的な資産形成を行いましょう。

投資の業者のことをファンドというのですが、最近海外ファンドを選ぶ日本人の個人投資家が増えてきているという話です。個人投資は軍資金の関係で、企業に勤めているプロの投資家と勝負するにはあまりにも自力が違いすぎます。そのために少しでも好条件の業者を見つけて利益を出しやすい環境を整える必要があるのですが、それを考えますと海外ファンドは好条件が整っている業者が多いと思われているという事を表しているといえるでしょう。

海外ファンドの中で、いま最も知られているのがオフショアファンドというファンドです。オフショアファンドの特徴としまして、投資信託の利回りが良いと宣伝されています。オフショアファンドの利回りの秘密なのですが、それは活動地域に秘密があります。オフショアファンドの設立している地域は、投資に対する規制が非常に緩い国なのです。支払う税金が少なくて済む分、投資信託の契約者に支払う配当金を大目に支払う事が可能になるのです。

オフショアファンドの利回りは、年利10%以上も珍しくありません。日本の銀行の年利が0.025%だという事を考えますと、オフショアファンドがどれだけ投資環境が良いか理解できると思います。投資条件は業者によって変ってくるという事の良く分かる一例ですね。